KAT-TUN・赤西仁くんを応援しています☆
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/16
DVD詳細~♪
ジャケ写と収録曲がアップされましたね♪
以下、J-one Recordsより☆



2009年1月1日発売

KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES

DVD2枚組
JABA-5044~5045 ¥5,000(税込)
初回生産分のみ「Collective Cards(6pieces)」封入

【DISC1】
OVERTURE
T∀BOO
Keep the faith
GOLD
Jumpin’ up
ノーマター・マター
DON’T U EVER STOP
12 o’clock
PARASITE
w/o notice??
夏の場所
TEN-“G”
愛のコマンド
LIPS
WILDS OF MY HEART

【DISC2】
MOTHER/FATHER
SIX SENSES
HELL, NO
SMACK
愛の華
LOVEJUICE
僕らの街で
SIGNAL
SHE SAID...
喜びの歌
Crazy Love
Real Face
「un-」
Peacefuldays
OUR STORY ~プロローグ~
ハルカナ約束

※「愛のコマンド」「SIX SENSES」マルチアングル収録



こうして並べられた曲のタイトルを見るだけであの日の感動がよみがえってくるようです☆



お知らせいただいていたのにアップするの忘れてました(>_<)

1月8日発売の「Hanako」は表紙に仁さん!
それに単独記事が6Pもあるそうです!(≧▽≦)!
関東版(全国版)のみで、関西版には載らないらしいので、予約される方はご注意くだぱい☆



今日は
「1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2008」
ですね!
生の仁さんですよ~♪♪♪

§

そういえば以前ここで、竜ちゃんコンのお楽しみマスコットを大量に買ったのに番長が出なかった、という事を書きました。
おかげさまで心優しい仁友さんより譲っていただくことが出来ました☆
本当にありがとうございます(*^^*)

嬉しくてついこんな事を…





.
スポンサーサイト
06/05
ドンエバPV&メイキング☆
アルバム『KAT-TUN Ⅲ -QUEEN OF PIRATES-』
初回限定盤特典『DON'T U EVER STOP』PV&メイキングDVDの感想~♪

まだ見てないかた、ネタバレ嫌なかたはお気をつけくださいませ☆(たいした事書いてませんが(^^ゞ)







ドンエバのPVフル!
イントロ前の映画仕立ての雰囲気からめっちゃ好みです☆
この無国籍な感じ、KAT-TUNに良く似合いますね♪

ガムを噛む仁さんも、睨み付ける仁さんも、ただただ何かを目で追う仁さんも、もちろん激しく踊る仁さんも、どこをとってもかっこいい(≧▽≦)
てか、美しい…(ため息)
共演したダンサーさんたちはあの美しい仁さんを間近で見て大丈夫だったでしょうか?(何の心配?)

メイキングでも、心なしか仁さんのアップが多いように見えたのは気のせいかしら??
合間に戯れている6人がなんとも愛おしいです☆

6人で軽く歌いながら振りの確認なんてしてるとこなんて、後ろのダンサーさんがホントうらやましい(≧▽≦)
あんな風にふざけ合ってる6人を見られちゃうなんて~♪
亀ちゃんが帽子飛ばして思わず笑っちゃう仁、そしてさりげなくそれを拾って渡してあげる仁に、これまたさりげなく受け取る亀ちゃん☆
二人の間には言葉なんていらないのよね~(≧▽≦)

工場長シリーズで初登場(?)の地主・亀ちゃん☆
地主さまと工場長との会話を見てみたかったぁ☆
ゆっち、もっとちゃんと探して来てくれなきゃだわ(笑)
でも工場長代理には笑えたから許す(爆)←何様?

仁の撮りの間、残りの5人が『赤西だったらどうぼけるか?』って話しをしてくれてたのがなんだかとっても嬉しかったです(*^^*)
もう仁さんったら、愛されてるぅ~♪
次はおおっぴらにカメラを回してる状態でぜひやっていただきたいです☆

竜ちゃんにエクステ引っ張られて『いてて』な仁や、聖やゆっちとマジで本気な魂のじゃんけん(笑)や、上げ出したらきりないしリピったらきっともっといろんな語りたいポイント満載だと思いますが、とりあえず初見、ざっと見の感想でした☆

§

今日は午後からお休みをいただいて準備、明日はいよいよ札幌入りです!
明日、空港に向かいながらエントリー上げれるかな?
もし書けなければ次にここに現れるのは水曜日になるかもです(笑)
(日常ブログには写真とか上げるかも?→http://yaplog.jp/pink_gold/)

心配して下さっている方、ありがとうございます☆
体調はなんとか快方に向かっていると思います☆
ここで気を抜かずに、万全にして北の大地に挑みたいと思います!

02/07
LIPS PV!!!
今日はうたばん出演に$誌の発売ですね!
セブンの連載もあるし、なにやらananも物凄いことになってるとか?(仁じゃなくてPちゃんですが(^^ゞ)

流れに着いてくのに必死ですが、まずは見た順に、LIPS PVの感想から♪

携帯からのアップの為たためませんので、まだの方はスルーしてくだぱい☆

§

LIPS PV

目まぐるしく変わるカット
その1カット毎にドラマがあって一つずつをもっと堪能したいのに
それを許してはくれない

次から次へと
彼らの世界に飲み込まれて行く

仁の流し目
じゅんのの憂いのある横顔
ゆっちの表情がセクシー
時折挟む横一列に並ぶ6人

一つ一つのシーンがまるでサブリミナル効果の様に目に飛び込んでは消えて行く

じゅんの綺麗…
ゆっちに感じる色気…
瞳を見開く仁…!

静かな重奏感と
激しい情熱

ブリキの蕾を天に翳し
その蔦から溢れ出る樹液は
周囲を巻き込み赤く・朱く・紅く染めて行く

貴方が望むなら
何色にでも染まりたい…

ニヤッと不適な笑みを浮かべて去っていくラストの仁

まるでこちらの心の内を見透かしているかの様

仕方ない
私はもう貴方に身を委ねてしまっているのだから…

§

書き逃げっ(苦笑)
感想になりませんでした~(笑)
お粗末様でしたm(__)m

はいっ!
一転してメイキング(笑)

テンション高すぎるゆっち(笑)
竜ちゃんとのコンビ、安心して見てられます☆
竜ちゃんのツッコミに反応するゆっちとか、まんまR‐oneを映像で見てるみたいです☆

勇者じゅんの、かっこいい~
朝(?)だからテンション低め?
亀の後ろで聖、どこ行くの~?
と思ったらテンションMAXで戻ってきた☆
その後ろを素通りしていく仁ちゃん(泣)
なんかリアクションして~

マイクに「亀梨さん」の貼り紙、笑える☆

仁さん、綺麗(ため息)
美しい・・・

拡声器持って
仁「中丸さん待ちでーす」
レポにあったやつね☆
楽しそうな仁ちゃんが嬉しい☆

ラブラブな聖×亀に嫉妬した?仁ちゃん(笑)
構ってほしくてたまらない感じなんですけど☆
赤西工場長「最近のぉ若い子はねぇ」
しゃがれ声で、何キャラですか(爆)

バレンタインネタでじゅんのをはめようとする聖&雄
でもじゅんののが一枚上手(うわて)だった?
じゅんのも頭の回転早い子だわ~

♪Anniversary
亀×聖×雄のコラボ♪
なんて贅沢!
ここに仁さんのハモリも聴きたかったなぁ♪

レポにあった仁のボイパは拡声器使ってやってたこれかしら☆
ゆっちとのコラボも見てみた~い♪

亀ちゃんの出とちりNG(笑)
これもレポにあったやつですね☆
みんなが楽しそうにやってるのが伝わって来ます(*^^*)

仁電話コント(笑)
あ、P904i (オソロ~☆)
超深刻な表情で「母親の体重が減ったって・・・」
役者だなぁ☆
それに乗る聖もね☆

メイキング始まってからシリアスな表情が多かった淳之介くん、PVの役作りでなり切ってるが故にふざけないのだと思っていたら
「くるくるぱー!」
で台無し(笑)
せっかくかっこいいと思ってたのにぃ(爆)

「赤西君と亀梨君以外の4人の撮影」
その間、仁亀は二人っきり?といらぬ妄想(笑)

一人ずつアップの撮影、ゆっちのHBBのパート
仁→聖→亀
その度に腕で大きな×(バツ)出す中丸さん(笑)
てか、仁さん普通にかっこよかったんですけど~(≧▽≦)
撮った映像ノーカット仁オンリーとかで販売してくれないかしら??
いくらでも出しますよ~(真剣)

多分本番中で、カメラが他のメンバーを狙ってる横で表情崩す淳之介くん(笑)
シリアスな表情の裏でそんな面白いことやってたのね~☆

竜ちゃんのヘアメイクするゆっち、ホント仲良しさん☆
てか、彼女にかまって欲しい彼氏にしか見えないんですけど(爆)

ふと画面に映り込むスタッフさんたち。
こんなにたくさんのスタッフの皆さんが関わって下さってるのですね。
ありがとうございます☆(なんであなたが?)

デジカメで撮影中の亀ちゃんに絡んでく仁(≧▽≦)
亀ちゃんったらつれないんだから☆

泡のシーンを確認するため暗室の様な部屋にいる仁さん
暗闇の中の仁さん、かっこいい・・・
「泡を撒いた赤西でした。Ciao」
ご挨拶して去ってく仁が嬉しい(*^^*)

泡で遊ぶ竜ちゃん、可愛い☆
竜ちゃんの髪についてる泡が気になる~
雄ちゃん、とったげて☆

KAT-TUNでは最後なのに、スタッフさんに対して「お先に失礼します」って言えちゃうゆっちが素敵☆

以上、初見のひとりよがりな感想でした~

もっともっと見た~い(≧▽≦)
けど、今の私にはちょうどよかったのかな?
とりあえず、一旦見るのは封印です。

またよさこい話になっちゃうのでスルーしてくだぱい(苦笑)

§

今練習している最大の目標は6月の札幌よさこいソーラン祭で足跡を残す為。
その踊りのパート(今回の曲では3パターン)とポジションを決める為のオーディションが再来週行われます。
無謀にも私は、ずっと練習してきたパートと別パートを狙っていて(笑)、まだ振りも教えてもらえてないし、全体練習の時にはそのパートの練習には参加出来ないのでどうにか自力で覚えてオーディションを受けるしかないのです(苦笑)
そのパートに選ばれる確率なんて無いに等しい…
けど、「やりたい!」と思った自分の気持ちを大事にして、やれるだけの事はやり切りたいと思います☆
やるだけの事をやったらきっと、どのパートになっても悔いなく、気持ち良く1年間踊れると思うんですよね♪

頑張りますo(^-^)o
07/20
『ボクの背中には羽根がある』
『ボクの背中には羽根がある』

kinkiさんのバックで踊るKAT-TUN!…ていうか、仁くんしか見れてませんが(^^ゞ
かっこいいですぅ(≧▽≦)
ものすごく真っすぐな澄んだ瞳で前を見据えて、しなやかに流れるように軽やかに、長い手足をフルに使って踊ってます♪
はぁ~…素敵☆

この曲の発売は2001年2月って事ですが、このライブ映像もその頃のものなのでしょうか?
とすると仁くんは入所してから2~3年目であのダンス!?
今の私がダンス始めてちょうどそれくらい…負けらんない!
…って、私も相当負けず嫌いですね(^^ゞ向ける相手が間違ってるから(苦笑)

この曲の映像は全体的に撮ってくれているのでKAT-TUNが(というか仁くんが)常に映り込んでくれています♪
振り付けも1曲通して見る事が出来るので本気で覚えて踊ってみたいな♪

…それより日曜日本番の自分のよさこいチームの踊りを完璧にしなきゃ(汗)

ここから先は独り言なのでスルーしちゃってくだぱい☆













実は日曜日に元々の自分のチームの今年の新曲、初お披露目なんです。
6月に札幌に行ったチーム(チームFとします)は、私がよさこい始めてからずっと憧れていたチームで、“札幌まで”という約束で参加させていただいてました。
でもそこは、外から見てて憧れちゃう演舞をするだけあって、練習内容もメンバーのモチベーションも申し分なく、いつしか“正式にこのチームに入りたい”と思うようになってました。
チームFの皆も先生も、私が入ることを強く熱望してくれているのも嬉しいのです。

でも約束は約束。
札幌が終わったら元のチーム(チームIとします)に戻って練習を再開しました。
チームに戻って皆と練習してれば楽しくなるはず、と思って。
でもチームIでの練習を重ねれば重ねる程、チームFへの想いは強くなるばかり。
練習日が重なってないのを良いことに、チームFの練習には札幌後も継続して参加しています。
両チームのイベントが重なっていなければチームFのイベントにも参加して良いとのお許しももらえたので気がね無く…とは言いつつもチームIに対して後ろめたい気持ちは拭い切れません。
2007年のイベントが全て終了した時点でチームFへの移籍を切り出そうと、自分の中での決意は固まっています。
でもそんな気持ちでチームIの皆といるのもなんだか申し訳なくて…
チームFの踊りは、地域で最大の祭に向けての練習で日々劇的に進化しています。(この時期に曲も振り付けも一部ですが変えてさらに良くなってます!)
当然私はその祭にはチームIとして出るので、新しく生まれ変わったチームFの踊りに本番で一緒に参加する事はなく、寂しい想いで練習はするもののやっぱりこのチームで踊れるのが楽しいし嬉しいのです。
変わった振り付けもすぐに体に入ってきます。
それに引き換えチームIの踊りはなかなか身につかない(>_<)
気持ちってこんなにも大事なんだなぁ、と改めて実感してしまいました。

でも、踊り子にどんな事情があろうとも見ているお客さんには関係ありません。
お客さんの前に出たら最高の笑顔でパフォーマンスしたいと思います☆

なんだかまとまらなくなっちゃいましたが、ここではきだしてちょっと気持ちの整理が出来た気がします。
自己満足でごめんなさいm(__)m
07/18
『39』
定時間際に急遽始まった会議中、眠くてたまらなくて何か良い方法は…?
と思い付いたのが、話しをしている上司を仁くんに変換してみる(笑)
これが物凄い効果!
容姿も声も、似ても似つかないのに、脳内変換してみるだけでドッキュン!
その仕種一つ一つが仁くんだと思うだけで、まるでそこに本人がいて話し掛けてくれてる錯覚に陥り、眠気なんてどこかにぶっ飛んじゃいました☆(単純)

さて、kinkiさんのアルバム、初回限定版のDVDにはバックで踊るKAT-TUNが観られるそうじゃないですかー!
仁友ちゃんに教えてもらうまで全くのノーマークでした(苦笑)(Oちゃん、ありがとー♪)

限定版だし、手に入るかな?と、仕事終わりにいつもの地元のお店に電話すると『ない』とのお返事。
気を取り直して会社近くのお店に寄ってみたけど、限定版は売り切れで注文も出来ないとの事(泣)
ダメ元でっ!
再度地元のお店に電話したら注文はあっさり受け付けてくれました♪
『いつになるかわかりませんが、入荷次第連絡いたします』
との事で、ホッと一安心(^-^)
足取りも軽く帰路につく途中、30分も経たない内にさっきのお店から電話!?
『先程ご注文いただいた商品が、只今入荷されました』

って、早っ!(笑)

というわけで、今からお迎えに行ってきます♪♪
05/07
リアフェコンDVD鑑賞♪
GW最終日の昨日は朝から雨でした。
もともとの予定が中止になったので、ずっとやりたかった雑誌の整理とDVD鑑賞です♪

実はデビューコンのDVD、買って来たその日に観たっきり観られずにいました。
時間がない、というのもありましたが、初見での仁くんがとても淋しそうな、苦しそうな印象を受けてしまったんです。(もちろん全体を通して、というわけではないのですが。)

仁くん復帰後、昨日初めて観ました。
自分の気持ち次第でこんなにも感じ方が変わるんだと驚きました。
そこにいた仁くんは全然淋しそうでも苦しそうでもありませんでした。
初めて観た時よりも、より多くの仁くんの笑顔に出会えた(気付けた)気がします。
そして今、この場所に仁くんが戻って来てくれた事、6人が6人でいるのを選んでくれた事に感謝せずにいられません!

『SHE SAID』
6人の揺るぎない絆を見た瞬間、涙が溢れ出して止まりませんでした。
自分はこんなにも我慢していたんだ、と突き付けられた思いでした。

もう、願わなくても“そこ”にちゃんと6人でいてくれるんだよね。

『Precious one』
横一列に並んだ彼らを見て、復帰会見のゆっちの言葉を思い出しました。
“やっとこの風景に戻ったな、と”

あぁもう、今更だけど、

仁くん大好き!
KAT―TUN大好き!!!

そんなわけで(どんなわけだ?)雑誌の整理は進んでません(笑)
これからどんどん増えて行くのに~(>_<)
嬉しい悲鳴は続きますね☆

ロートさんの提供番組、『思いっきりテレビ』と『ザ・ワイド』がそうらしいという情報を頂いたので、スマスマと合わせて録画予約して来ました♪(見る暇あるのか?(汗))

裸体の仁くんに会いた~い(≧▽≦)
04/11
Live of KAT―TUN “Real Face”
Live of KAT―TUN “Real Face”

しょっぱなからやばいです。
やばすぎて上手く感想書けません(笑)

とにかく、動いてる仁くんがそこにいる、歌って踊って魅せてくれてる、ちゃんと“6人”の中に仁くんが当たり前にいる。
それだけで感極まってしまいました。

ライブで見せる挑戦的な瞳
舌を出すエロティックな仕種
自然にメンバーと絡まる視線
客席を愛しそうに見上げる表情
どれもこれも、一瞬たりとも目が離せません。

そして何より、どの曲にもその存在感を露わにしてくれる仁くんの歌声!

そうそう、KAT―TUNってこれなのよーーー!

時に繊細に
時に深く
時に激しく
時に優しく
…その時々でいろんな表情でメンバー達の声に重なる仁くんの歌声が最高!なのです!!!

一番の目玉は噂に聞いていた(笑)“PINKY”。
公衆の面前でそんな…(笑)
もっと☆(爆)

まとまらなくなって来たので終わります(爆)

海賊帆を見慣れてしまっていたせいか、仁くんのテンションが少し気になってしまいました。
でもそれを差し引いても

仁くん最高!
あなたにとろけてしまいます。

このDVDでしばらく乗り越えられると思っていたのに、余計に会いたくなってしまいました。
困りましたね(苦笑)
03/03
KAT-TUN Live of KAT-TUN "Real Face"
20070303215414.jpg



最寄りの新星堂に行って、自分の目で確かめて参りました。
でもまだ予約はしてません。
なんだかまた踊らされそうだし・・・ってわかってて自分から踊らされてる感もありますが(苦笑)

でもamazonは既に在庫無し!?
早めに予約した方が良いのかしら・・・?(←もう既に踊らされてます(苦笑))

リアルコンの頃は、正直自分がここまではまるとは思っていませんでした(爆)
だから当然コンも行ってないし当時はTV・雑誌のチェックも甘かったです。
(今思えばなんてもったいない事を!と後悔の嵐ですが、その時にはその時の事情があったんですよね。。。)

仁くん熱が上がって、手に入る映像は片っ端から入手しました。(あぁ、大人って歯止めが利かないから嫌だわ(笑))
最新のライブ映像であるリアルコンのDVD化を切に願って署名運動に協力したりしました。
(その署名の力も大きいですよね!ありがとうございます!)
大きな節目であるデビューコンサートだもん、DVD化は必須のはず!
いつか、きっと、必ず!
・・・でも、仁くんが戻るまでは無理なのかしら。。。

と気長に待とうと心を決めていました。
それが、この時期に発売が決まるって・・・やっぱり、そゆこと?
と思ってたら、皆さんも考える事は同じですよね♪

何はともあれ、”6人のKAT-TUN”を見る事が出来るんです!
とっても楽しみです♪



風邪に侵されて現実味のない夢を見ました。(2夜連続(爆))
とりとめもなく、無駄に長いのでスルーしちゃって下さい(苦笑)
(だったら何故書くのか?自分の為です(爆))

01/09
ごくせん2~1、2話~
昨日は後厄の厄払いに行ってきました。
初詣もかねて真剣にお参りしました。
もちろん、仁くんの健康と一日も早い復帰を願って。
おみくじも引きたかったけれど時間が遅くて終わっちゃってました。
機会があればどこかで引いてみます(笑)

夜は【ごくせん2】DVD鑑賞です☆

本放送の時には後半しか見れてなかったし、再放送は全部録画してあるけど時間がなくて見れてない(泣)

特典映像があるならっ、とDVDBOXを買うも、やっぱり時間がなくて観れない日々でしたが、1日1回は仁くんを観ないと終われません(笑)
ライブをリピりたい衝動を必死にこらえて(笑)やっと見始める事ができました☆
(まずは1、2話)

観れば観るほど、
…隼人、かっこいい(うっとり)
ヤンクミを本気で睨み付ける目、
おちゃらけてる笑顔、
挑戦的な笑み、
人を小馬鹿にした表情も、
竜の本心を知ってやるせない顔も、
どれをとっても素敵すぎです☆
隼人に本気で怒鳴られたい(爆)

ヤンクミとの対決は見物(みもの)っ!
ヤンクミになって隼人と睨み合いたい!
睨み合って、タイマンはって、隼人の腕をねじりあげたい!!(どんなだよ(苦笑))

隼人と竜とタケが幼馴染みって設定も良いですね。
無邪気に遊んでいる幼い3人を想像したりして☆
ドリボを彷彿とさせます。

ヤンクミに『似てる』って言われちゃう隼人と竜。
まんま仁くんと亀ちゃんの様です。

また、仁くんの隣りにいる亀ちゃんが、亀ちゃんの隣りにいる仁くんが見たいな。

もうすぐ私の誕生日☆(それはいいから(笑))
そしてその日は仁くんの休業発表があった日から3ヶ月。
当初の予定通り留学が半年だったらちょうど半分、折り返し地点です。

仁くん、
思ったように勉強出来てる?
半年で帰ってこれそうかな?
首を長~くして待ってる私たちの為にも頑張って(笑)
01/04
DVD三昧♪
実家で過ごす正月も今日で終わり、明日千葉に戻ります。

実家に帰ったからといって特に予定があるわけでもなかったので、普段時間がなくて見れてなかったDVDをこれでもかっ!と堪能出来ました♪(あぁ、だらけ過ぎ…)

《DREAM BOY~KAT―TUN vs 関ジャニ∞編》

“亀ちゃん&すばるのファン以外はあまり期待しない方が良いかも…”との前評判を聞いていたので覚悟して観たのですが、いやいや全然良かったです♪
仁くん何気においしい役だし、ちゃんとソロ曲もあったし☆
(『ha―ha』なんて、全編通して観た後何度リピった事か(笑))

亮ちゃんと二人で歌う『care』、切なくて苦しくてキレイで、大好きです。

SHOW TIME~6人で歌って踊るKAT―TUN、関ジャニやJr達と絡みながらステージングする彼ら、やっぱり生のステージが一番似合います。
メンバー達も口を揃えて言ってる様に是非ライブを!
あ、でも仁くんが戻って来てからね(願)

《DREAM BOY~タッキー編》

今より若くて(当然だけど)一生懸命踊る仁くんがいます(笑)
かっこいいなぁ☆
たくさんいるJrの中で、探そうとしなくても目に飛び込んで来るのが仁くんでした。
きっと愛ね♪(←ばか)

タッキーのバックにKAT―TUNの6人だけという画がとても贅沢で、とてもまとまって見えて…タッキーとKAT―TUNの信頼関係を見た気がしました。

手品のシーン(?)でタッキーとわちゃわちゃやってる6人、かわいい♪
滝沢兄ちゃんと一緒だとみんな無邪気になっちゃうのね☆

メイキング~タッキー&仁くん&亀ちゃんで振り変更の練習シーン、タッキーの提案を仁くん&亀ちゃんが実際踊ってみてからみんなに伝えに行ったり…普段のレッスンもこんな感じなのかな、なんて妄想して楽しんでました。
(ただ、竜ちゃんには何が変わったのかわからなかったらしいです(笑)そんな竜ちゃん、かわいい☆)
自分達でより良い作品にしようと、妥協せずに追及して行く姿、私も見習いたいです。

《ジャニーズ体育の日FAN感謝祭》

これも期待しないで観ましたが(笑)
滝翼のバックで踊るKAT―TUNはイイですね♪
“今”観るから余計にそう思うのかな。
『ハルカナ約束』の仁くんは爽やか好青年(まだ少年?)でした☆
いつの間にあんなにエロくなったの?(笑)

リレー&サッカー、ステージでは観れない仁くんをありがとう♪
真剣にスポーツしてるかっこいい男の子たちにドキドキです(爆)

SHOW TIME~異色の組み合わせのダンスユニットはV6岡田&仁&亀☆
これの為に3人で練習していたのを想像してなんか嬉しくなりました☆
仁&亀、ホント仲良いね~♪

その後も当然の様に同じ車に乗ってたし、
最後もさりげなく近くにいて手つないでたし♪
嬉しいからもっとやって下さい(笑)

これで一通り手持ちのDVDは見終わった様です(笑)(感想書いてないのもあるかな?)

持ってる中で何度でも見直す楽しみももちろんありますが、まだ知らない仁くんがいれば観てみたいです。

お勧めがあったら教えて下さい♪

12/16
”お客様は神サマーConcert”
”お客様は神サマーConcert”

やっと観れました。
購入してからもう随分経つのに、何故か開ける事が出来なくて・・・

今より若い仁くん。
元気に歌って踊る仁くん。
メンバー達とじゃれ合い、ふざけあって心から楽しそうな仁くん。
カメラに向かっておどけた笑顔を見せてくれる仁くん。

どれもこれも素敵すぎて、テレビの前の私は笑ったり泣いたり突っ込み入れたり大忙しです(笑)

そして改めて思った事。
仁くんはその時その時、一瞬一瞬を大事に、一生懸命生きている人。
だからこそ”今”がある。

きっと今この時も、精一杯何かをつかもうとしてるんだよね。
いつも同じ事しか言えないけど、待ってるよ。


かいつまんで(笑)DVDの感想♪

【自由であるために】で遊ばれちゃう仁くん、かわいい~♪

【BEAT YOUR HEART】の「1・2・3・4・5・6・KAT-TUN♪」にドキッ。
うん、そうだよね。

【君を想うとき】仁くんが歌えば、それは仁くんの歌になる。胸がきゅんとなる。

【大きな古時計】この仁くん、やけにセクシーです(照)
コントなじゅんのが隣にいてもこの色気☆

【世界が一つになるまで】仁くんの笑顔が素敵すぎて涙が出る。
ものすごく、あったかい。

聖&ゆっちのコントを見ている時の仁くんの包み込むような笑顔、”愛”を感じます☆

【雪が降ってきた】で竜ちゃんとじゃれる仁くん・・・ていうか、二人セットでかわい~い~♪

”ケンカ”の後の亀ちゃん、何度も『6人で一つのKAT-TUN』って言ってくれてて、その頃はもちろん今のこの状況なんて予想もしなかっただろうけど、4年以上も前のこの言葉が今はとても力強く感じます。

声を震わせながら感謝の言葉を語る仁くん。
照れ隠しのように背中越しに『KAT-TUNで良かったです!』
その気持ち、変わってないよね?

聖も『10年20年先までもずっとKAT-TUNでいたい』

竜ちゃんの涙にもらい泣き。

みんなの『KAT-TUNが大好き』が伝わってくる。
ホント、良いグループ。

メンバー紹介の最後で亀ちゃん
『これが言いたかった、これが言いたかった、俺たちが、KAT-TUN!!!』


周りの状況が変わり、
大人達の都合に振り回され、
自分の居場所を見失うこともあったかもしれません。
でもきっと、この頃と今と根底にあるものは変わらないと信じてます。

いつまでも『KAT-TUNが大好きなKAT-TUN』でいて下さい。
もちろん、6人で☆
12/13
KAT―TUN首位独占♪
20061213091015




シングル初動売り上げ1位~3位独占!

初動40万枚3作連続達成は史上初!

おめでとう♪

KAT―TUNってすごいグループなんだぁ(今更?)

今更ついでに、
今更【Real Face】のDVDを購入しました(苦笑)

当時(って程時は経ってせんが)
“KAT―TUNファンである自覚”が足りませんでした。
一時の熱病だろう…位に考えていたので、“物”に執着するのは止めよう、と。

無意識にアルバムは買ってましたが(笑)

テレビも真剣にチェックしていなかったのが今となっては大後悔です(泣)

それでも主な所はDVDに落としているであろう自分に拍手、です。
(ちゃんと見直して目次作らなきゃ。)

というわけで、今更なDVD鑑賞会♪

まずこんな素敵なPVを作って下さった事に感謝(嬉)
目まぐるしく変わるシーンに、やっぱり追ってしまうのは当然仁くん。
もっと挑発して♪(←ばか)

仁くんの踊りが大好きです。

6人の中にいて、ものすごい存在感。
仁くんがいる事によって6人のバランスが保たれて見える(泣)

一転してメイキング。
歌う時とはまた違った素の表情。
6人とも“普通の男の子”に見える(笑)
じゃれあったり馬鹿騒ぎしたり…
いいなぁ、こういうの。

メンバーが語る『赤西仁について』
仁くんについてだけじゃなく、それぞれがそれぞれに対するコメントを見て、改めて“強いグループ”といった印象を受けました。
誰一人として被らない、個性のぶつかりあい、
それでいて6人揃うと10にも100にもなる。

仁くんについて、ゆっちが語る『赤西は自由』
聖がもどかしそうに話す『自分を強く持っていて、勘違いされやすい』

ちゃんと理解してくれてるメンバー、ファンがいるから大丈夫。

仁くんにとったら周りの評価なんてなんの意味もないのかもしれないけど。

でも、一人だと思わないでね。
あなたの帰りを待ち望んでいる人達がこんなにもたくさんいるのよ。

“逢いたい 逢いたい 一緒にいたい
 君の心の中で笑い合いたい”

Le Cielの聖。
仁くんに向けてくれたように思えてなりません。
私の脳内では勝手に“仁グルベル”に変換されてます(笑)

仁くんが今日も笑っている事を願って。

Copyright © 2005 ~ 虹 ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。