KAT-TUN・赤西仁くんを応援しています☆
11 * 2006/12 * 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/31
2006ありがとう☆
20061231172316


2006ありがとう☆

2006年も残すところあと数時間となりました。

今、実家に向かう電車の中です。
(普段の更新も通勤の電車の中が多いです。)

2006、怒濤の様に過ぎて行きました。
ごくせんで仁くんが気になり始めた頃はこんなにもはまってしまうとは想像出来ませんでした(笑)

10月の休業から一気に熱が上がった気がします。
会えない時間が愛を育てるの(爆)

仁くんの情報が欲しくて、
自分と同じ様に仁くんを想う方達の言葉を見たくてブログ巡りをしている内に、自分の想いも残したくなりました。

そのおかげで知り合う事が出来た方がいらっしゃいます。

今は遠い空の下にいるであろう、仁くんが繋いでくれました。
ありがとう♪

私がコメントを残さずにいろんな方のブログを覗いている様に、ここへもまだ知らない、でも想いはきっと同じな方々が訪れて下さっていると思います。

その全ての“出会い”に感謝です☆

本当にありがとうごさいました!

2007年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
(来年はコメント残せる様に頑張り(?)ます☆)

2006⇒2007の瞬間、仁くんはどこで誰と過ごしますか?

カウコンは見るのかな?
NEWS活動再会だって!
マブダチ頑張ってるね☆

仁くんは仁くんの道を、自分を信じて突き進んで下さい。
そんな貴方を信じて、どこまでもついて行きます!

2007は、嬉しい報告待ってるからね♪

スポンサーサイト
12/30
”仁は楽しくやってるかな?とか”
2006年も残すところあと2日。
ゆっちが自分のページで振り返ってるように、メンバーにとっても私たちファンにとっても目まぐるしい1年でした。

その話題に触れる事がタブーになってるのかしら?と思わずにいられない仁くんの事、あまりにもさりげなく名前を出してくれてありがとう!
山P!!!

会社で見ていて(こら)我が目を疑ってしまいました(苦笑)

こんなふうに名前を出す事が許されるって事は、復帰の目処がついていると考えて良いのよね☆(期待)

仁くんも山Pの日記みてるのかなぁ。
ちゃんと連絡してあげるんだよ♪

12/28
第39回 オリコン年間ランキング2006 年間シングルセールス部門1位獲得!
第39回 オリコン年間ランキング2006 年間シングルセールス部門1位獲得!

おめでとう!!!
WEBニュースでしかチェックできてないけど、そこに書かれたメンバーのコメントが何より嬉しいものでした☆

田口「2006年は僕らにとって大きな1年だった。その締めくくりに名誉ある賞を頂けて、ファンの皆さんに感謝の気持ちでいっぱい。このパワーを2007年も続けていけたら」

亀梨「僕ら、すごい恵まれた環境の中にいる。2006年、どの曲よりも皆さんにメッセージが届いた。たくさんの方に聞いてもらえた。この賞で2006年を締めくくれた。最高な2006年でした」

仁くんの休業についてインタビューされたのかな?
それに対して、

聖「それほど問題視はしていない」とサラリ。

中丸「彼も頑張っている。とりあえず『すごい結果が出たよ』と伝えたいですね」

亀梨「これは6人で取った賞。一人一人が力を蓄えて、また集まったときにはその時々の色が出せればいい」と強調。

“あくまで赤西を含めた6人が、変幻自在なスタイルで活動していくと宣言した。”

と締めくくられていました。

もう、これが聞けただけで満足です!

“仁くんは絶対戻ってくる!”
そう信じているのに変わりはないけれど、5人で出るTVや雑誌で“5人の話題”で完結してしまっているのを見る度に不安になる事もありました。

でもそれは仁くんに対する5人の気持ちを表現する場がなかっただけ、本当はこんなにも強い、揺るぎない絆で繋がっているのだと感じる事が出来ました。

少クラSPのKAT―TUNメドレーでも、じゅんのがいない5人の映像がありましたね。
小山君が『自然に5人でしたね』ってコメントしたのを聞いて初めて気付いたのですが(笑)

そんなふうに6人で『あの時はさぁ~』なんて笑い合える日が来ると信じています。

仁くんはこのニュース、どこで聞いたかな?
メンバーから報告もらった?

仁くんに会いたいよ。
でもきっと会いたい気持ちは、私たちファン以上にメンバーの方が強く想っているのかもね。

12/27
☆少年倶楽部クリスマス SP☆
☆少年倶楽部クリスマス SP☆
やっと見れました♪

初めて見る仁くんがいっぱいで、画面にかぶりつきです(苦笑)

始まりは“薄荷キャンディ”(2004/2)の仁くん♪
あの挑戦的な笑みにやられてしまいます(嬉)

“GOLD”(2004/12)
仁くん×亀ちゃんのダンスの掛け合いが最高☆
もっと見たい~

“オレンジ”(2004/5)、“ノーマター・マター”(2003/7)、“DISTNIY”(2003/12)
6人の絶妙なバランス、間合い…
今更ながら“6人がいい”です。

“Real Face”(2006/4)
仁くんのウインクに瞬殺!
もっと☆(←ばか)

“星屑のスパンコール”(2004/11)
”またいつか会えるよね SEE YOU AGAIN”
信じているよ。

MCにて
「一番リクエストが多かったのがKAT-TUN!」
単純に嬉しかったです。
たくさんの人達に愛されてるんだなぁ♪

KAT―TUNからのビデオメッセージで2007年のクリスマスについてトークする中、さりげなく亀ちゃんが
「『みんなで』少年倶楽部に遊びに来たいですね。」
って。
言葉の裏に『仁も含めた6人みんなで』って解釈したのは妄想ではないよね、亀ちゃん。

【手紙】
仁くん⇔山P
透けて見える山Pの手紙が何度も書き直されているのがわかりました。
言葉を選んで”マブダチ”へ気持ちを伝えようとしているんですね。
仁くんからの手紙もそう。
相手に対する口は悪いけど、お互いが大事な存在なのが感じられました。
山Pの手紙を聞いてる仁くんの表情がとっても幸せそう(嬉)

【コント】
ママの仁くん、綺麗…(惚)
普通に美人さんです。
ゆっちの胸ぐらつかむママ仁。
竜ちゃんを押し倒すママ仁。
外見とのギャップが素敵過ぎです☆

何度でも見たいのが仁くんと竜ちゃんのフォークダンス♪
少し照れてる様で、でもめっちゃ楽しそう☆
ノリノリでかわいい仁くん、もっともっと見たいよ~♪


リクエスト第1位は…!

「care」赤西 仁
みんなが仁くんを待ってる。
careを歌う仁くんは切ない。
“歌が好き”が溢れてる。
また、私たちの前でその素敵な歌声を聴かせてね。


「江ノ島のクリスマス」

他の歌番組ではあまり見た事がない仁くんの自然な笑顔。
メンバーに囲まれて、自分を愛してくれているファンの子達に囲まれて、
きっと“そこ”がHOMEの様な場所だったのかな…と想像していました。

この曲の雰囲気、
6人の距離感、
自然に絡まる視線。

そこに身を委ねて安心しきった表情を見せてくれる仁くん。

ステキな素敵なクリスマスプレゼントをありがとう☆
12/25
☆Merry Cristmas☆
☆Merry Cristmas☆

皆様にとって、
仁くんにとって、
素敵なクリスマスでありますように☆

少クラSPがお預けなので(苦笑)ミンテレ~ウタワラをダイジェストで見てました♪

こうして見返してみると、本当にいろんな曲を歌ってくれてましたね♪
『セクシーライブ』の時なんてTVの前でキャーキャー言ってました(笑)
じゅんのと2人で踏むタップ、大好き。

アッコさんといる仁くんも何故か好きです。
“あの”アッコさん相手に堂々と歌ってるし、MCでも『アッコが…』発言しちゃうし。

ミンテレの最終回、ラストの『さくら』で花びらと戯れる仁くん、かわいい☆
曲の終わりでカメラに向かって前に出て来る姿は大和に見えたよ(笑)

ウタワラで歌ってくれた『care』
いろんな想いが渦巻く中で見入ってしまいました。

仁くんの歌が好きです。

いつか遠くない未来に、またその歌声を聴かせてね。
12/23
Mステスーパーライブ(12/22)
5人で歌う【Real Face】、複雑でした。

わかっているはずなのに無意識に仁くんを探していました。

ふいにフレームの中に飛び込んで来るじゅんのが、一瞬仁くんに見えてドキッ!

…そういえば、髪型似て来たね。
山Pといいじゅんのといい、心臓に悪いです。(笑)

仁くんに逢いたくて会いたくて、何故かNYの時の写真集を見てました。

これは3年前?
写真から6人の仲の良さが溢れ出ています。

とりわけ仁くんと亀ちゃんのラブラブ2shotに顔がほころびます(嬉)
被写体として、“2人”を撮りたくなるんだろうなぁ。

亀ちゃんから仁くんのコメントには“かわいらしい”といってみたり“かっこいい”と言ってみたり☆
仁くん⇒亀ちゃんは“刺激し合える仲”、“プライベートでも仲が良い”

仁くんといる亀ちゃんが好き。
亀ちゃんといる仁くんが好き。

他のメンバーと楽しそうにしてるのも大好きだけど、なんかこの2人って特別です。

また仲の良い2shot見せてね。

聖⇒仁くんのコメントには、“淋しがり屋。用もないのに電話がかかってきたりする”

仁くん、今でも聖に電話してますか?
淋しくしてないよね?
きっと仁くんの事だから、何処へ行っても素敵な仲間に恵まれているよね。

でも忘れないでね。

帰る場所は“ここ”だよ。

KAT―TUNも芸能界も、あなたを忘れたりなんか絶対にしないのだから。

先日購入して、夜中までかかって取り付けたBSアンテナ。
何をどうやっても受信しません(泣)
販売店に相談して工事屋さんに来てもらう事にしました。

最短で12/30…

少クラSPは会社の上司と先輩にそれぞれ録画をお願いしました。

月曜までお預けです(泣)
12/21
仁くんの為なら♪
20061221214856


仁くんの為なら♪

日参させていただいているブログさんより、12月23日、24日の「ザ少年倶楽部SPクリスマスプレゼント」に過去の仁くんの映像が出るとの情報を得ました。

実はうち、未だにBS見れないんです(泣)

少年倶楽部の存在も、仁くんの騒動の後、ネットを彷徨うようになってから知りました。

今思えばなんてもったいない時間を過ごしてしまったのでしょう(悔)

その存在を知ってからも『今は仁くんが出る事はないのよね…』と、半ば拗ねた感じでBSにも少年倶楽部にも興味を示さなかったのですが、仁くん(の映像)が出るとなれば話は別です。

早速仕事帰りに電気屋さんに寄って、
『BS見たいんですけど何が必要ですか?』
というなんとも初歩的な質問から、無事アンテナをゲットしてきました♪

チューナーは、今使っているDVDレコーダーに内蔵されていすはず、と信じて。
何しろうちの子(レコーダー)確か出始めの頃ので、HDD録画機能なんて夢にも思わなかった位古い機種なんです。

何はともあれ、これから帰ってアンテナと格闘です。
もし今日上手く行かなかったら明日までに質問しないといけないので、必死です。

仁くんが絡んだ時の自分の行動力に、今更ながら驚きでした(笑)

12/18
語学
5日間、英語を話す外国の人達と一緒に活動する機会がありました。

彼らは私にとっては先生で、身体を使って表現する事、自己を開放する事、そして笑いのエンタテイメントについて体験しました。


私の英語の知識はと言うと、それこそ学校で習った程度のものしかなくて、“英会話”なんてものもかつて1度だけハワイに行った時に片言で話した位です。

それでも彼らはなんとか伝えようと一生懸命だったし、目を見て会話すればなんとなく想いが通じているのを感じました。


最終日、翌日には母国へ帰って行く彼らに、なんとかして自分の想い、感謝の気持ちを届けたいと思い付く限りの英単語と身振り手振りで表現しようとしました。

きっと彼らの事だから、私の想いは受け止めてくれていたのだと思います。
けれど、言いたい事が言えない、伝えたい事が上手く表現出来ない自分がもどかしくて仕方ありませんでした。

もっとちゃんと英語を話せる様になりたい。
またいつか彼らと会う機会が持てたなら、その時こそ自分の言葉でちゃんと伝えたい。
同じ目線で言葉の壁を越えて想いを共有したい。

たった5日間、身近に触れる機会があっただけなのに、こんなにも強い気持ちが生まれてしまいました。

そう思った時ふと、仁くんの事が頭をよぎりました。

外国人の友人が多いと言う仁くん。
日常的に英語に触れる機会も多いのでしょう。
独学でもきっと一生懸命勉強していたに違いありません。
発音だって綺麗だし。

でもやっぱり母国語の様に英語を話せる様になりたいと思ったら、留学という道は極めて自然な流れなのですよね。

ましてや、まだ若いし可能性はいくらだってあります。

今頃、語学だけでなく目に見えるさまざまな事を吸収している真っ最中なのかな。


ファン心理としては一刻も早く戻って来て元気な姿と素敵なダンス、セクシーな歌声を聴かせて欲しいけど、

一方では、焦らずゆっくり、仁くんのペースでその国を感じて、自分に納得が出来る様になったら戻って来てもらいたい。中途半端にはしてほしくない。

でもやっぱり、早く会いたい(苦笑)



クリスマスまであと1週間。
キリスト教徒でもなんでもないけど、クリスマスの雰囲気は好きです☆

東京の街は素敵なイルミネーションで彩られ、様々な光を放っています。

仁くんのいる街は、どんなですか?
優しい人たちに囲まれていますか?
幸せに笑っていますか?

いつか、仁くんの見てきた世界を仁くんの言葉で私達に伝えて下さい。
その時を楽しみにしています♪
12/16
”お客様は神サマーConcert”
”お客様は神サマーConcert”

やっと観れました。
購入してからもう随分経つのに、何故か開ける事が出来なくて・・・

今より若い仁くん。
元気に歌って踊る仁くん。
メンバー達とじゃれ合い、ふざけあって心から楽しそうな仁くん。
カメラに向かっておどけた笑顔を見せてくれる仁くん。

どれもこれも素敵すぎて、テレビの前の私は笑ったり泣いたり突っ込み入れたり大忙しです(笑)

そして改めて思った事。
仁くんはその時その時、一瞬一瞬を大事に、一生懸命生きている人。
だからこそ”今”がある。

きっと今この時も、精一杯何かをつかもうとしてるんだよね。
いつも同じ事しか言えないけど、待ってるよ。


かいつまんで(笑)DVDの感想♪

【自由であるために】で遊ばれちゃう仁くん、かわいい~♪

【BEAT YOUR HEART】の「1・2・3・4・5・6・KAT-TUN♪」にドキッ。
うん、そうだよね。

【君を想うとき】仁くんが歌えば、それは仁くんの歌になる。胸がきゅんとなる。

【大きな古時計】この仁くん、やけにセクシーです(照)
コントなじゅんのが隣にいてもこの色気☆

【世界が一つになるまで】仁くんの笑顔が素敵すぎて涙が出る。
ものすごく、あったかい。

聖&ゆっちのコントを見ている時の仁くんの包み込むような笑顔、”愛”を感じます☆

【雪が降ってきた】で竜ちゃんとじゃれる仁くん・・・ていうか、二人セットでかわい~い~♪

”ケンカ”の後の亀ちゃん、何度も『6人で一つのKAT-TUN』って言ってくれてて、その頃はもちろん今のこの状況なんて予想もしなかっただろうけど、4年以上も前のこの言葉が今はとても力強く感じます。

声を震わせながら感謝の言葉を語る仁くん。
照れ隠しのように背中越しに『KAT-TUNで良かったです!』
その気持ち、変わってないよね?

聖も『10年20年先までもずっとKAT-TUNでいたい』

竜ちゃんの涙にもらい泣き。

みんなの『KAT-TUNが大好き』が伝わってくる。
ホント、良いグループ。

メンバー紹介の最後で亀ちゃん
『これが言いたかった、これが言いたかった、俺たちが、KAT-TUN!!!』


周りの状況が変わり、
大人達の都合に振り回され、
自分の居場所を見失うこともあったかもしれません。
でもきっと、この頃と今と根底にあるものは変わらないと信じてます。

いつまでも『KAT-TUNが大好きなKAT-TUN』でいて下さい。
もちろん、6人で☆
12/14
「今年1年を漢字一文字で表してください」
「今年1年を漢字一文字で表してください」

そりゃあ、もう【仁】しかないでしょ♪
今年と言わず・・・ですが(笑)

こんなテーマだったので改めて【仁】を漢和辞典(!懐かしい)で調べてみました。

(1)いつくしみ。慈愛。仁愛。
(2)なさけ。思いやりの心。あわれみ。仁恩。
(3)めぐみ。仁恵。
(4)儒教の徳で、親しい肉親から、だんだん縁の薄い人や他人に及ぼす愛の心。
(5)ヒトー人
(6)果実の中心にある、芽となる部分。
(7)仁の徳をそなえた人。
(8)あいてに関する語の上に冠する敬称、なさけがある意。

ー三省堂漢和辞典[第四版]よりー

”名は体を表す”とはまさにこの事!

特に(4)なんて家族を大事にする仁くんが真っ先に思い浮かび、そしてその心が遠くにいる私達ファンにもしっかりと届いています。

(6)の”芽”。
今まさに、仁くんはこれから大輪の花を咲かせる為に”芽”に力を宿している最中なのでは。。。
いや、もう十分力はあるから早く帰って来て!と言いたいところだけど、仁くんが決めた事。

自分の納得するまでいろんなもの見て、感じて、吸収して、
でも自然体な仁くんの、元気な姿が見れる日を待ってます。
12/14
仁くんも幸せだよね?
またまたKAT―TUN電車に遭遇!
想いが通じてる?

昨日、【表現する事】のワークショップに参加してきました。
趣味で芝居やミュージカル、ダンス等かじってます。

そのワークショップの中で、『何か一つキャラクターを決めてそれになりきって行動する』というエクササイズ(?)がありました。
考えても考えても仁くんしか思い浮かばなかったので“私は仁くん”と思い込む事にしました。

こんな時、仁くんならこう動くかな

きっとこんな目線で

ちょっと挑戦的な笑みを浮かべて

周りの人達を挑発してみる

…楽しい♪

無理やりだけど近くに仁くんを感じられて幸せでした(嬉)
12/13
KAT―TUN首位独占♪
20061213091015




シングル初動売り上げ1位~3位独占!

初動40万枚3作連続達成は史上初!

おめでとう♪

KAT―TUNってすごいグループなんだぁ(今更?)

今更ついでに、
今更【Real Face】のDVDを購入しました(苦笑)

当時(って程時は経ってせんが)
“KAT―TUNファンである自覚”が足りませんでした。
一時の熱病だろう…位に考えていたので、“物”に執着するのは止めよう、と。

無意識にアルバムは買ってましたが(笑)

テレビも真剣にチェックしていなかったのが今となっては大後悔です(泣)

それでも主な所はDVDに落としているであろう自分に拍手、です。
(ちゃんと見直して目次作らなきゃ。)

というわけで、今更なDVD鑑賞会♪

まずこんな素敵なPVを作って下さった事に感謝(嬉)
目まぐるしく変わるシーンに、やっぱり追ってしまうのは当然仁くん。
もっと挑発して♪(←ばか)

仁くんの踊りが大好きです。

6人の中にいて、ものすごい存在感。
仁くんがいる事によって6人のバランスが保たれて見える(泣)

一転してメイキング。
歌う時とはまた違った素の表情。
6人とも“普通の男の子”に見える(笑)
じゃれあったり馬鹿騒ぎしたり…
いいなぁ、こういうの。

メンバーが語る『赤西仁について』
仁くんについてだけじゃなく、それぞれがそれぞれに対するコメントを見て、改めて“強いグループ”といった印象を受けました。
誰一人として被らない、個性のぶつかりあい、
それでいて6人揃うと10にも100にもなる。

仁くんについて、ゆっちが語る『赤西は自由』
聖がもどかしそうに話す『自分を強く持っていて、勘違いされやすい』

ちゃんと理解してくれてるメンバー、ファンがいるから大丈夫。

仁くんにとったら周りの評価なんてなんの意味もないのかもしれないけど。

でも、一人だと思わないでね。
あなたの帰りを待ち望んでいる人達がこんなにもたくさんいるのよ。

“逢いたい 逢いたい 一緒にいたい
 君の心の中で笑い合いたい”

Le Cielの聖。
仁くんに向けてくれたように思えてなりません。
私の脳内では勝手に“仁グルベル”に変換されてます(笑)

仁くんが今日も笑っている事を願って。

12/12
いいとも&晴れここ&HEY×3(12/11)
20061212091514




【いいとも】

ゆっち、出演おめでとう♪
緊張してましたね☆

お花に向かって『お世話になってます。』
かわいい♪

HBB、タモリさんとの共演は貴重!
けど欲を言えばもっとトークが聞きたかったな。

ストラップゲットもお見事!でした。
ホントに嬉しそう(*^^*)

本音を言えば、ゆっちだったから落ち着いて見れたかな?(それも失礼?)
これが仁くんだったりしたら柱の陰から覗く感じ。(意味不明)
でもいつか出て下さい。(真剣)

【晴れ着、ここ一番―最終回】

終わっちゃいましたね…。
2年後の大和くんは、ちゃんと“2年後”でした。
もうすっかり大人の顔で、“今の仁くん”の様でした。
でも体は十代?みたいな(笑)

大和の発する『兄貴!』が好きです。
やくざ映画とかやってくれないかな(妄想中)
若いチンピラ役かなんかで後先考えずに突っ込んでっちゃう、真っ直ぐな役。(隼人?)

うららちゃんの後ろでカメラにアピールする大和…

かわいい!!!

この“慣れてない感じ”がなんとも言えません(嬉)

ドラマとしても面白かったです。
自分の信念を曲げずに、自分のやり方でやりたい事を実現して行くあずき。

望めば何でも手に入れる事が出来る様に見える今の世の中。
周りに流されずに“自分を貫く事”はとても勇気の要る事だし、相当な覚悟と強い意思がなければ実現しないのです。

自分はそこに踏み出す為の覚悟と勇気を見出だせないでいるけれど…

きっと仁くんにはそれが見えていたのですよね。
たくさんの事を吸収して、一回りも二回りも大きくなって、早く私たちの前に戻って来て下さい。

あなたの帰る場所は“ここ”にちゃぁんとあるのだから。

【HEY×3】

フジテレビさん!
初登場の映像流してくれてありがとう!
すごく懐かしいけど、まだ1年も経ってないのですね。
まさに怒濤の1年でした。

みんなの胸に名札付けてるのが新鮮!
仁くんの笑顔、この頃は迷いが無くて安心して見れます(笑)

浜ちゃんにデビュー前の心境を聞かれて3人がそれぞれ話だそうとしちゃう所、
こういうぐだくだ感、大好きです(嬉)
もっと見せて!

年間チャート
1位―Real Face
2位―抱いてセリョリータ
3位―SIGNAL

おめでとう♪

12/12
ミニステの鍋♪
Mステブログに写真がアップされてますね♪

http://www.tv-asahi.co.jp/music/index.html

なんともシンプルな(笑)
ホントにじゅんののつみれだけ?
あ、でも亀ちゃんが”キャベツの切り方をアドバイス”してたんだっけ?
(白菜の間違いじゃあ・・・と思ったのは私だけじゃないよね?(笑))

みんなでわいわい鍋をつつく中に、
やっぱり仁くんを探してしまうなぁ(寂)
12/11
【たったひとつの恋】&【行列の出来る法律相談所】
【たったひとつの恋】

黒髪の亀ちゃん、かっこいい♪
あの色であの長さ、こんなに似合うと思わなかった。(失礼)

菜緒の結婚を聞いて飲んだくれる弘人…素敵(笑)
喧嘩して傷ついたり、泥酔してよろよろになってたりしてるかっこいい男の子の画はとっても好きです(悪趣味?)
身近にいたら困るけど(自分勝手)

あんなシチュエーションの仁くんが見たい~!

このドラマ始まる前に聞いた、元は仁くんがやるはずだったという噂(?)が常に頭の片隅にあって、弘人を見ながらどうしても仁くんを重ねてしまう。
全然違った弘人になってただろうな…。


【行列の出来る法律相談所】

亀ちゃんってトーク上手いですよね。
そして表情豊か。
本気の笑顔
照れ笑い
困った笑顔
先輩の話を聞いてるときの真剣な表情

見てて飽きないです。

相談者として出て居た来た聖。
聖というより甲にしか見えなくて、『亀梨』と呼び掛けているのに違和感を感じてしまいました(笑)

さすがだったのは紳介さん。
亀ちゃんの魅力を最大限に引き出してくれてましたね。

番組自体亀ちゃん中心に進めてくれてた様に見えました。

紳介さんが持ってるであろうKAT―TUNに対するイメージが世間一般的なものなのかな…と思うと不思議な感じがします。
ものすごく特別な感じで話されてましたよね。
KAT―TUNって言えばタダで買えるとか(笑)

その例えは極端かもしれないけど、亀ちゃんの『ここで買ったら俺ダメになる』発言で、彼らなりに自分の感覚がそうならない様に気をつけているのかなと感じました。
12/10
Mステ(12/8)
少しずつ、5人の彼らをちゃんと見れる様になってきた…かな。

5人であることを受け入れたわけではなく、5人で存在している彼らの中に、確かに仁くんを感じる事が出来るから。

彼らの発する仁くんへの想いが伝わって来る気がするから。

曲中の手話の様な振り、メンバーから仁くんへのメッセージが込められていると何処かで聞きました。
(確かな情報じゃなくてごめんなさい。知ってる方、教えて下さい(真剣))

仁くんにも伝わってると良いな。

さて、ここ2回分の【晴れ着、ここ一番】、大和くんの出番ありませんでしたね(涙)

いよいよ“仁くん欠乏症”がピークになり、DVD購入してしまいました。(【海賊帆】今更ですが(^^;))

改めて、歌って踊る仁くん、目が離せません。
まばたきするのも惜しいくらい。

伸びのある歌声
無邪気に笑う笑顔
挑戦的な瞳
切ない表情
真剣なまなざし
元気いっぱい弾ける姿
色っぽく、時に激しいダンス

どれをとっても仁くんの魅力を再認識させられました。

この人のファンになって良かった、と。

前にも書きましたが、仁くんが好きだと自覚してから過去の映像などを特に見ようとしてませんでした。
“見たくない”わけではもちろん無くて、追いかけ始めたらキリがないし、“これからの彼を見て行こう”と思っていたのです。

でも一つタガが外れてしまうと止まりませんね(笑)
これから“仁くんの成長を追う旅”が始まりそうです。
12/09
“期間限定の5人”
20061209014358


“期間限定の5人”

心の中のモヤモヤが晴れない理由を自己分析してみました。

仁くんが休業宣言して、でもしばらくはウタワラでもその姿を見る事が出来て、CMでも街中でも雑誌なんかでも“6人のKAT―TUN”を見る事が出来ていました。

“休業中”と言う事を頭ではわかっているつもりでも、ちゃんと理解していなかったのかもしれません。

【僕らの街で】が店頭に並び、そこにあるのは“5人の”ジャケット写真でした。

大好きな【Le Ciel】
この曲がCD化されるのはとっても嬉しいです。
でもそこには仁くんが存在していないのです。

いままでは当然聞こえていた彼の声が聞こえない…。

今は少し、聴くのが辛いです。

…こんなネガティブぢゃいけませんね(苦笑)

せっかく仁くんの口から『脱退・引退はありません』って言ってくれたのだから、それを信じて良い子にして(?)待ってます☆

と、少し気持ちを入れ替えた所で友人から嬉しい情報をいただきました!

『朝の番組で田中くんが“期間限定の5人組”って言ってたよ♪』

こ~き~~!
みんなっ!
ありがとう!!!
その言葉で充分☆

12/08
うたばん(12/7)&【僕らの街で】
うたばん、冒頭のキャラ紹介、
ある程度予測はしていたけれど
やっぱり仁くんのはないんだね…
かなり落ち込みました。

うたばん本編も面白かったけど心は常に仁くん。

仁くんの理想の女の子のファッションはこんなかな、とか、
電気椅子に電流流された時のリアクションはきっとこんな感じ、とか、
片栗粉のプールでもクールを気取りながらもきっとはしゃいで走ってくれるかな、とか。

【僕らの街で】

仁くんのいないシングル。
買おうかどうか迷ったけど、いつか仁くんがこの曲を一緒に歌ってくれると信じて、買うことにしました。

歌詞を見ながら改めて歌だけに集中すると、涙が溢れて来ました。

“見えない未来に 息をひそめて
それでも 僕らは 今を生きている”

“僕らは なんだか 急ぎすぎている
大切なことさえも 忘れるくらい”

ドラマに合わせて作られた曲のはず。
確かにドラマの内容にもオーバーラップするけれど…

小田さんは彼らの『今』を知っていたの?
と言いたくなる。

“今は 僕らを信じていたい
今の自分を 信じていたい”

歌で涙を流すなんていつぶりだろう。

世界の何処かで

ねぇ、仁くん

この曲聴いてるかな…?

いつの日か、あなたの声で聴きたいです。
12/06
ビバ!DoCoMo☆
20061206224857


ビバ!DoCoMo☆

たまたま乗り換えた駅の構内がKAT―TUN一色!
(DoCoMo一色と言うべきか(笑))

表参道駅、素敵です(嬉)

12/06
晴れ着、ここ一番
今、唯一リアルタイムの仁くんが見られるドラマ。
(リアルタイムではない(苦笑))
毎日録画して、帰ってから若かりし頃の仁くんを見るのが楽しみ♪

……………
なのにっ!
一昨日は国会中継が延々とビデオに収まり、昨日に限って何故かアンテナの接触不良で音声しか録れてない(号泣)

…それでも大和の『フられた?』の優しい言葉に胸がきゅん。
あぁ、その時の表情が見たかった(涙)

今日こそちゃんと見れます様に(祈)
12/05
KAT―TUN電車
また走ってますね、山手線☆

気付かず乗ったら車内一面KAT―TUNでした(*^_^*)

仁くんの首筋、腰のラインがセクシー♪

降りた駅にも特大ポスター、suicaのタッチパネルの機械にも6人の写真付き!

抜かりないですね、ドコモさん。
嬉し過ぎます☆
12/05
ウタワラ 12/3
親子でダンス選手権~グランドチャンピオン大会☆

当時の映像を見ながら、無意識にその時の仁くんをオーバーラップさせてました。
三輪車に乗って『亀梨です!』って登場する仁くん、可愛かったな(*^_^*)

個人的にはやっぱり仁くんがサポートした鬼木さん親子と山田さん親子が最高でした☆
2組とも仁くんがいない分まで、仁くんの為に踊ってくれていた様に見えてしまって。
…きっと全然客観的に見れてないんですね、私σ(^◇^;)。。。

仁くんが大好きだったゆうねちゃんが寂しそうに見えたのも。

でも、サポートしてた時のVTRを普通に流してくれたり、ナレーションが“赤西”って言ってくれてるのを見て、
『あ、やめたわけじゃない。お休みしているだけなんだ』って改めて感じる事が出来ました。

5人で歌う《僕らの街で》。
〔ベストアーティスト〕の時は、回りに山Pも滝翼もファンの子たちもいてくれてそれほど気にならなかった。
この時見たこの曲は、5人の想いが、淋しさとそれを乗り越えようとする決意の様なものが、溢れ出して見える様でした。
胸が締め付けられて気がつくと自分を抱き締めて見てました(←ばか)

特に亀ちゃん。
いつも隣りにいてくれた仁くんがいなくて、不安で、心許無くて、でも自分が守らなきゃ…って、伝わってきました。(私だけ?)
仁くんの隣りにいる亀ちゃんが好きです。
早くまた2人のハモりを聴かせてね。

あ、でも、ゆっちと絡んで小悪魔的な亀ちゃんも、挑戦的な感じで好き(笑)

仁くんとの絡みも見たいなぁ。
12/04
今更ですが
このブログを立ち上げたのは仁くんの休業宣言がきっかけでした。

仁くんが好きです。

ファン歴はそれほど長くありません。

KAT―TUNの存在は結成当初から知ってはいました。
でも自分の中で特別な存在ではなく、たくさんいるJrのグループの内の一つで、“綺麗な子たちだな”という認識でした。
(“かっこいい”より“キレイ”でした(^_^;)

だから当初はTVや雑誌をチェックして見るなんて事もなく、今となってはそれが悔やまれてなりません(涙)

意識し始めたのは“ごくせん”の後半、もう終わりに近い頃たまたま見ていたMステに学ラン姿の6人が出ていて、その歌声とパフォーマンスに、瞬殺でした(笑)

そして、その後のanegoで完全に落ちました。

KAT―TUNには歴史があるし、今更ファンになってもコアな人達にはきっと着いて行けない…なんて何処かで思っていて、敢えて過去のDVDをチェックしたりはせず、“これからの彼らを見守って行こう”
と、ささやかに思っていた矢先の【休業】でした。

自分の想いがまとまらないまま、メディアからは噂話も含めた様々な情報があふれています。
信じられるものが何なのかわからないまま、ひたすら流され続ける情報に、それでも“赤西”の文字を追う事しか出来なくて取りあえず目に付いた情報を集約しておきたいと思いました。

そう、そんな“保管庫”的な位置付けで始めてみました。

当初は自分の言葉を綴るつもりはありませんでした。

でも、時が過ぎ、仁くんのいないKAT―TUNを見る機会がこれからもきっと増えていくのだと思うと余計に仁くんを求めてしまう自分がいました。

5人で歌う彼らを見て“あの中に仁くんがいたらきっとこんな感じ。”と無意識に想像(妄想?)していました。

そんな独り善がりな“妄想”もこの際残そうかな…と。

もちろん他の5人が頑張っている姿も記録して行けたらと思っています。

とりとめのない、自己満足なブログになると思いますが、何かのご縁でここに辿り着いた方と何か共有出来ると嬉しいです。
Copyright © 2005 ~ 虹 ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。