KAT-TUN・赤西仁くんを応援しています☆
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/25
じんとすけべのカツスタ☆18回目☆
仁「今夜の指令、朝起きたら自分が中丸くんになっていたときの反応をして下さい」
淳「最初はグー、じゃんけんぽい」
仁「・・・(“ハー”と息を吸いこんで)どうやって行きてこ」(爆)

淳「(笑)さぁ、では行きましょう、KAT-TUN」
仁&淳「スタイル~」仁の声、低っ

~OP~

仁「KAT-TUNの赤西仁です」
淳「赤西仁です」
仁「だから田口だるぁ!めんどくせーなー」うしろでじゅんの笑い過ぎ(笑)
淳「ねぇ、朝起きたら、中丸くんになってたと、どうする?実際なってたら、まず鏡見ますね、鏡見たから気付いたのか」
一人でテンション↑↑のじゅんの(笑)
鏡見て中丸くんだったらとりあえず叫ぼうかな、と。
淳「どっかーん!とかね(笑)」
仁「・・・それでは一曲行きましょう」まぁ、そういうリアクションだよね(笑)

~LOVE or LIKE~

水曜日はこれ!
淳「田口淳之介の世界にエクスキューズミー」

仁「早速、ばっさばさ切ってもらいたいと思います」
仁「まず一つ目!キャミソールの肩ひもが、左側だけ落ちてきます。喝を入れて下さい」

淳「左肩下リの人生なんてまっぴらだ!」(エコー付き☆)
(SE)ヒュー(北風の音)

仁「これは・・どういうことですか」
右肩上がりにしたいじゃないですか、だから左が下がるんだね、間違ってないねいいね~♪と一人で納得のじゅんの(笑)
仁、思わず苦笑?
仁「そうですか(笑)じゃぁ、二つ目!我が家のなかなか火がつかない、ガスレンジャー(?)に一言お願いします」

淳「ね、そうやってさ、ガス、ねぇ、必要じゃないですか、ガスレンジとかね、ね、だからね、一発こうやって叩いてやるんですよ、ガス!ってね」
(SE)ヒュー

ぐだぐだじゅんの(笑)
仁「・・・えー、三つ目」仁もノーリアクション(爆)失笑してるけど(笑)
仁「冬になると、かさかさになるかかとに喝を入れて下さい」

淳「いやぁやっぱりー、冬になると乾燥肌ですからね、かさかさになっちゃうのしょうがないと思いますよ、ね、かかとね、ホントにあの~、ホントにね、こうやって言ってやるんですよ、このカカロットめ!っつって」
(SE)ヒュー

ドラゴンボールネタかい!
仁ちゃんは相変わらずリアクション無しで(笑)
仁「えー、四つ目です(でも声が笑ってる)、社会保険庁の職員による年金横領について、リスナーがスカッとするくらいバッサリお願いします」
淳「うそつけ~」仁が読んでる最中から笑っちゃってるじゅんの

淳「えー?あのね~、ホントにね~、年金ね、あの~今ホントに年金ね、入れてない人多いじゃないですか、僕ちゃんと入れてますよ年金、それはね、あの~今後の為とかそういうね、将来のプランじゃないですか、ホントに今いる方とかね、ねぇ、年金ね、年金!」
(SE)ヒュー

なんだよ、それ(爆)
仁ちゃんも思わずツッコミ
仁「社会保険庁の、職員による年金横領だよ」丁寧に言い聞かせてくれてます☆
淳「年金横領ね、そんなことしてんの!?」
仁「そうだよ、最近ニュースになってるじゃないですか」おっ!仁さんさすが!てか、私良くわかんない(苦笑)
淳「ですよね~、知ってました」うそつけ!
仁「それについて、バッサリ切ってください、って事ですよ」

淳「年金横領するくらいだったら、ホントにもうね、あの~、バイトでもしろ!っていう・・」
(SE)ヒュー

ぐだぐだぁ~(笑)
淳「あのさ~、これいいのかな?」こらこら、自分で言うな(笑)
淳「いいんだね、いいよいいよ」無理矢理自分を納得させようとするじゅんの
仁「何が?」
淳「このコーナー自体」
仁「なぁ、コーナー作った自体ミスだと思いましたよ」ばっさり(爆)
淳「全然大丈夫っすよ」
仁「ホントですか」
淳「どっちかっていうと、すごい求められてる気がして、今」
仁「これを?世界にエクスキューズミーを?完全日本だけでしたよ」
淳「(爆笑)それ言ったらね、ニッポン放送ですからね、日本対象ですけど」そこにつなげたか!

こんな感じでじゅんのに喝を入れて欲しい事をじゃんじゃん送って下さいとの事でした☆

~ED~

エンディングは二人のユニット名☆

「じんとすけべ」

二人の名前の最後の2文字を組み合わせたのだとか☆
“べ”は単にゴロが良かったんじゃないですか?とじゅんの。
淳「そうですよ、僕はスケベですよ!」何故そこで開き直る?
これはどうする?という仁に普通過ぎるとじゅんの。
仁「スケベな田口くんから言わせると普通過ぎると、もっと来いよ!」行っちゃう~♪
もっとひねったやつを、という訳で却下だったのかな?判定なかったね。

4週目の真ん中水曜日が終わりましたが、二人の感じの変化も楽しめるのではないかと二人。
3ヵ月後くらいに1回目のとかを聞き比べると面白いんじゃない?って言ってます☆
って事はずっとこの二人でやる?
二人の言葉に振り回されてばかりです(苦笑)

まぁでも、3ヵ月後にはこの“世界にエクスキューズミー”のコーナーはないかもしれないとじゅんの(笑)
淳「何に変わってるかな?」
仁「田口淳之介の自分にエクスキューズミー」
淳「一番欲しい、そのコーナー」だから、自分で言うなって

仁「俺たちとはまた明日」
淳「バイバーイ」
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ~ 虹 ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。