FC2ブログ
KAT-TUN・赤西仁くんを応援しています☆
10 * 2019/11 * 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
12/18
語学
5日間、英語を話す外国の人達と一緒に活動する機会がありました。

彼らは私にとっては先生で、身体を使って表現する事、自己を開放する事、そして笑いのエンタテイメントについて体験しました。


私の英語の知識はと言うと、それこそ学校で習った程度のものしかなくて、“英会話”なんてものもかつて1度だけハワイに行った時に片言で話した位です。

それでも彼らはなんとか伝えようと一生懸命だったし、目を見て会話すればなんとなく想いが通じているのを感じました。


最終日、翌日には母国へ帰って行く彼らに、なんとかして自分の想い、感謝の気持ちを届けたいと思い付く限りの英単語と身振り手振りで表現しようとしました。

きっと彼らの事だから、私の想いは受け止めてくれていたのだと思います。
けれど、言いたい事が言えない、伝えたい事が上手く表現出来ない自分がもどかしくて仕方ありませんでした。

もっとちゃんと英語を話せる様になりたい。
またいつか彼らと会う機会が持てたなら、その時こそ自分の言葉でちゃんと伝えたい。
同じ目線で言葉の壁を越えて想いを共有したい。

たった5日間、身近に触れる機会があっただけなのに、こんなにも強い気持ちが生まれてしまいました。

そう思った時ふと、仁くんの事が頭をよぎりました。

外国人の友人が多いと言う仁くん。
日常的に英語に触れる機会も多いのでしょう。
独学でもきっと一生懸命勉強していたに違いありません。
発音だって綺麗だし。

でもやっぱり母国語の様に英語を話せる様になりたいと思ったら、留学という道は極めて自然な流れなのですよね。

ましてや、まだ若いし可能性はいくらだってあります。

今頃、語学だけでなく目に見えるさまざまな事を吸収している真っ最中なのかな。


ファン心理としては一刻も早く戻って来て元気な姿と素敵なダンス、セクシーな歌声を聴かせて欲しいけど、

一方では、焦らずゆっくり、仁くんのペースでその国を感じて、自分に納得が出来る様になったら戻って来てもらいたい。中途半端にはしてほしくない。

でもやっぱり、早く会いたい(苦笑)



クリスマスまであと1週間。
キリスト教徒でもなんでもないけど、クリスマスの雰囲気は好きです☆

東京の街は素敵なイルミネーションで彩られ、様々な光を放っています。

仁くんのいる街は、どんなですか?
優しい人たちに囲まれていますか?
幸せに笑っていますか?

いつか、仁くんの見てきた世界を仁くんの言葉で私達に伝えて下さい。
その時を楽しみにしています♪
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ~ 虹 ~.
all rights reserved.