KAT-TUN・赤西仁くんを応援しています☆
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/26
N166☆ミュージックソン
20071226205314
珍しく中丸のページがリアルタイムだ!(笑)

本当に、ミュージックソン、お疲れ様でした☆

私は今日一日、仕事しててもこの夢の様な2日間の事を思い出しては目を潤ませてしまってました。
本当に素敵な番組でした。

この暖かい、やさしい気持ちをまだずっと味わっていたくて、今日も仕事帰りに募金して来てしまいました。

昨日、賑やかに飾り付けられていたロビーはすっかり片付けられていて少し寂しかったけど、募金した時受付にいた警備員さんの「ありがとうございました」がとっても暖かくて、それだけで涙が出そうでした。

外のポスターには
“ご協力ありがとうございました”

“12月25日正午現在
 5,272万8,123円”
の文字が書かれた紙が貼られていました。

本当にたくさんの人の“想い”、“LOVE”がこの数字になって表れたんですよね。

昨日のエンディングで、今現在の募金総額を田口くん、発表して下さい、と振られてとっさに
「じゃあみんなで!」
と仕切ってくれたじゅんの。
他の4人にほんの一瞬だけ戸惑った空気が流れた時、瞬時にその意図を察して「はい」と同調した仁。
紛れも無く二人の心はピッタリと重なり合ってました。
もちろんすぐに6人みんなの気持ちがシンクロしました。
仁&淳の絆、そしてKAT-TUN6人の絆ががっちりと繋がっているのを見ました。

まだ外出していた時の放送は聴けてませんが、全体を通して一番、大好きだったシーンがあります。

サンタとなって視覚支援特別学校を訪れた仁。
“盲目のピアニスト”辻井さんの演奏を生で目の前で見て、曲が終わるなり、

『聴いてた!?たぐちぃ!!』

と大興奮の仁の声!
そこにも二人の絆をしっかりと見たのです。
その仁の声を思い出すだけで涙が溢れてしまいます。
こんなにも素直で、ストレートで、感情をあらわにパートナーであるじゅんのに感動を伝えようとする仁の姿に。
それは有閑倶楽部のクランクアップの映像で自らじゅんのに抱き着きに行った仁の姿にも同じ様に感じました。
じゅんのに惜し気もなく心を開いている仁が、何故かとっても嬉しいんです。
今までがそうではなかった、とは言えませんが、有閑倶楽部を経て確実に二人の距離が縮またのを感じます。
そしてまた、仁が安心出来る場所が増えたのかな、と思うと私まで幸せな気持ちになります(*^^*)

なんかまとまらなくなっちゃいましたが(苦笑)、

ありがとう。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ~ 虹 ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。